一般歯科

一般歯科治療では、一般的な歯科治療全般の治療を行います。

虫歯と歯槽膿漏の治療、歯牙欠損部の補綴などもっとも多くの治療を受けて頂いている治療です。

一般歯科とは、主にむし歯の治療や歯周病治療、知覚過敏の治療、歯の根の治療など、もっとも多くの治療を受けていいただいている治療です。
一般歯科治療では、一般的な歯科治療全般の治療を行います。主にむし歯の治療や歯周病治療、知覚過敏の治療、歯の根の治療など、もっとも多くの治療を受けていただいている治療です。アンド・デンタル・クリニックでは、丁寧な説明と患者さん、おひとりおひとりのご要望に沿った治療を心がけ、基本治療をしっかりと行います。むし歯、歯周病などは治療が遅れるほど、治療時間もかかり、抜歯や神経を失うリスクも高くなります。
当院では、むし歯や歯周病にならない為の定期検診をお勧めしておりますが、もし、むし歯や歯周病になってしまったら、出来るだけ早期に治療を受けていただくことが大切です。
とじる

むし歯治療について

当院では、なるべく歯の神経を残す方針でむし歯の治療に取り組んでいます。神経をとってしまうと、歯にヒビが入ったり、折れてしまうリスクが高くなるためです。そのため、むし歯が深い歯であっても、なるべく神経を取らずに、残すことを試みることが歯を守るために重要になります。

むし歯が深く、治療中神経が見えてしまったけれども、神経を取らずに済んだ例を紹介します。

むし歯治療
STEP1 むし歯の確認
【写真左】むし歯のため、大きく欠けてしまった、上の奥歯です。

むし歯治療
STEP2 麻酔
なるべく患者さんの痛みが少なくて済むように、 針を刺す歯ぐきの表面に、クリーム状の表面麻酔薬を塗ります。 その上で、電動の注射器と、通常使われているより細い針を使用 して、麻酔を効かせていきます。

むし歯治療
STEP3 むし歯の範囲の確認と、むし歯の除去
むし歯を赤く染めだす薬液を使い、むし歯菌に感染した 部分だけを丁寧に取り除きます。必要以上に歯を削らない ことが、なるべく神経をのこすために必要になります。
【写真①】・・・赤い所がむし歯菌に感染しているところです。
【写真②】・・・赤く染まったむし歯を全て取り除いたところです。

むし歯治療
STEP4 神経の消毒と保護
神経を残すには、口の中の雑菌が神経になるべく触れない ようにする必要があります。当院ではむし歯が深く、神経が見えて しまった場合は、唾液等が直接歯に触れなくする道具を使い、清潔な環境を保ちながら、治療を行っています。
【写真①】・・・消毒後、神経の出血が止まった状態です。
【写真②】・・・神経を保護する薬で、神経が見えてしまった部分を覆った状態。
【写真③】・・・削った部分をセメントでしっかり封鎖し、しばらく痛みなどの症状が出ないか、観察期間を置きます。

ここで、お見せした患者さんの歯は、その後、強い症状が出なかった ので、最終的に型を採り、部分的な金属の詰め物をしました。 今のところ、経過は順調のようです。 もちろん、全力で治療に取り組んでも、残念ながら神経を取らざるを 得ない場合もあります。全ての治療で最善の結果が出るわけでは ありません。 「完璧な治療はない、完璧であろうとする意志があるだけである」 当院ではこの言葉をモットーに、スタッフを含め、日々の治療に 取り組んでいます。

根管治療について

根の治療は、正確には根管治療と言います。むし歯や、その他の原因で歯の神経が死んでしまった場合に、神経を取り除く治療のことです。歯の神経が死んでからの経過が長いと、根の先端に膿をもち、歯ぐきが腫れることもあります。

むし歯が原因で歯の神経が死んでしまい、歯ぐきが腫れた患者さんの治療例を紹介します。

根管治療
STEP1 症状の確認
歯ぐきが腫れてしまった状態です。レントゲン写真で見ると、根の先に影が見えます。これは、根の先に膿がたまり、その部分の骨を一部溶かしている状態を表しています。

根管治療
STEP2 根の治療のポイント
根の治療をするときは、根の中になるべく口の中の雑菌が入らないようにしなくてはなりません。そのため、当院ではラバーダムと言われるゴムのシートや、その他の器具を使い、なるべく歯にとって清潔な状態を保ちながら治療を進めるようにしています。

根管治療
STEP3 根の治療
悪くなった神経をとり、根の中の消毒を行ったら、最後はお薬を 詰めていきます。お薬を詰めて経過を見た後、強い痛みや歯ぐき の腫れが無ければ被せもの等の治療に移ります。

根の中に見える白い部分が、最終的に詰めたお薬です。根の先の黒い部分が、治療前の写真に比べて少し白くなってきているのが分かるでしょうか?これは根の先にあった膿が無くなり、少しずつ骨に置き換わってきていることを表しています。

むし歯の進行

プラークが原因となり、むし歯が進行していきます。
歯磨きが上手くできない
歯磨きが上手くできないとむし歯が進行していきます。
プラークは歯牙細菌苔ともいい、単なる食べカスではなく、生きた細菌の集合体が、歯の表面に苔のように発生しています。その細菌が出す酸が、歯の表面を覆うエナメル質を溶かし象牙質、歯髄へと浸透します。象牙質や歯髄はエナメル質よりもやわらかいので、ここまで来るとそれまでよりもずっと早く溶け、むし歯が進行していきます。

c0 (要観察歯)
初期むし歯とも呼ばれます。歯の表面が白く濁ってくすんで見える状態です。まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくとむし歯に進行してしまいます。 再石灰化治療を行います。

c1
c1
歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白く濁っていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。まだ穴になっていません。

c2
象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。

c3
c3
むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。

c4
c4
歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、さらに根の病気へと進んでいきます。


歯周病について

歯周病の進行例

歯周病の進行
歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で、治療をせずに放っておくと歯がグラついて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともある、こわい病気です。 30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があります。歯みがきを怠るとこのポケットにプラークがたまります。たまったプラークが歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。これを積み重ねることで歯肉が炎症を起こします。歯肉の炎症を放置しておくと症状はますます悪化し骨が吸収してしまいます。歯周病はむし歯と違い、痛みなどの自覚症状が出にくく、気付かずに歯科医院に行かないうちに手遅れになってしまうことも少なくありません。

歯周病治療の流れ

歯周病は細菌感染が原因で起きる、慢性の炎症性疾患です。一度、歯を支える骨まで溶けてしまうと、残念ながら元の状態には戻りませんが、適切に対応することで進行を抑える(遅らせる)ことができます。

お口の中の細菌は目に見えませんが、歯垢(プラーク)という形で存在しています。1mgの歯垢には1億匹以上の細菌がいると言われています。

実際に顕微鏡で見た図

歯垢をゼロにすることは出来ませんので、可能な限り歯垢(細菌)の量を減らすことが大切になります。歯垢を減らすには、患者さん自身の歯磨き(セルフケア)と歯科医院での歯垢、歯石の除去(プロケア)の両方が必要になります。

当院で実際に治療を行った患者さんの例を示していきます。

初診時
STEP1 初診時
初診時の状態です。
全体的に歯肉に炎症が起こり、赤くなっています。

初診時 / 前歯
上の前歯を拡大した写真です。
歯の表面には歯垢が付き、歯肉の中に歯石が入り込んでいます。

初診時 / 下の歯の裏側
下の歯の裏側を拡大しています。
歯肉は赤く腫れています。歯の表面や歯と歯の間を埋めるように歯石がついています。

2週間経過
STEP2 2週間経過
初診から2週間後の状態です。
最初より少し、歯肉の赤みや腫れが落ち着いてきています。この段階では当院での歯石取りは大まかにしか行っておりません。まずは、担当衛生士に効率的な歯磨きの仕方について説明してもらい、患者さん自身にお家での丁寧なブラッシングを心掛けてもらっている状態です。

1ヶ月半経過
STEP3 1ヶ月半経過
初診から一カ月半後の状態です。
まだ上顎の歯肉に若干赤みはありますが、全体としては、かなり歯肉の状態は回復し、引き締まってきています。この状態になるまでには、お家での丁寧な歯磨きに加えて、当院において歯肉の中の歯石除去を行います。

3ヶ月半経過
STEP4 3ヶ月半経過
初診から約3カ月後の状態です。
歯肉の炎症はほぼ無くなり、良い状態が保たれています。大切なのは、この状態を維持することです。そのためには、丁寧な歯磨きに加えて、歯医者さんを定期受診し、自分では取りきれない歯垢や歯石を除去することが重要になります。

半年経過
STEP5 半年経過
半年が経過しましたが、良い状態です。

1年経過
STEP6 1年経過
丁寧なセルフケア行い、定期的なプロケアを受けることで、良い状態が長く保たれています。

歯の移植(自家歯牙移植)治療

大きな虫歯や、事故等で歯を抜かなくてはならない時に、自分の口の中の他の歯(主に親知らず)を、抜く歯の代わりに移植する治療方法です。

*保険診療でも認められている治療方法ですが、条件が限られていますので、詳しくは医師にご相談ください。

利点
・残っている歯の本数にもよりますが、入歯やブリッジを回避できることが多くなります。
欠点
・まれに移植した歯がくっつかないことがあります。
・寿命がやや短いというデータがあります(5年~10年程度)。
歯の移植(自家歯牙移植)治療 step1
STEP1 症状の確認
右上の奥から2本目の歯を支える顎の骨が溶けてきており、根に何らかの問題があることが予想されました。 この症例では右上の親知らず「○」を移植に用いました。

歯の移植(自家歯牙移植)治療 step2
STEP2 根の状態を確認
被せものを外して、根の状態を確認した写真です。虫歯が原因で根が割れている状態でした。

歯の移植(自家歯牙移植)治療 step3
STEP3 移植直後
移植直後のレントゲン写真です。この後、移植した歯の根の治療が必要になります。

歯の移植(自家歯牙移植)治療 step4
STEP4 約4か月経過
移植してから約4か月後の状態です。歯肉の炎症等も無く、経過は良好です。この後、型を採り、被せものを作りました。

メニュー
とじる
診療時間
■月・火・木・金・土午前9:00~12:00/午後14:00~19:00(祝日がある週の水曜は診療日)■休診日水曜・日曜・祝日
とじる
アクセス
〒981-1107 宮城県仙台市太白区東中田6-10-7駐車場7台分完備
map
とじる
ご予約お問い合わせは022-395-7877
とじる